日慶カヌーサークルの面々
2002年度入学編






岩崎 瑞季(みずき)

来ました、彼女こそ「天然」のバイブル、
聖なる天然ちゃんです。
彼女を知れば知るほどアナタはみずきワールドに取り込まれてゆく・・・。
それはお嬢育ちゆえなのだろうか・・・?
ちょこんと佇み、遠巻きに日慶の人々を見つめる姿は
まさに深窓の令嬢?
いやしかし、彼女の世界に入ってみたい。
ブラックホールかもしれないけど☆

大面 智子(ゴロウ)

新人1の元気っ子で、将来有望な女性である。
一説によると岸○五郎に似ているらしいが、
私は将来、彼女は美人になる要素を多分にそなえているものと予想、
いや願ってやまないのである。

片倉 文彦(フーミン)

脱ヒマ人宣言を掲げる週末御獄在住カヌー狂。
無口と思われがちだが小ネタ多し、つきあいよし。
なにげに芯があります。

佐藤 瑛二(エイチャン)

はやくも日慶に染まったあるいは
毒されてしまった彼は将来楽しみで、
裸族入り期待の星である。
もう彼は日慶なくしては生きていくことはできない。

高山 美穂(タカチャン)

バレーをこよなく愛す元気っ子。
気合いだっ、気合!が口ぐせな彼女だが、
しっかり者&働き者のあねご肌。
どこかへ導いてくれるかも?

谷 拓海(タニシ)

彼の悩みはヘルメットがキツイことか!?
髪の毛切らないの?

中川 裕美(ピロ)

乙女チックな彼女は、見た目どおり胃腸が弱く
胃薬が手放せない(らしい)。
そんな彼女は合宿所の冷蔵庫で長く眠る
腐ったジャムなどを食べたら死んでしまうに違いない
気をつけろ〜

橋ヶ谷 渉(わたる)

話し出したら止まらない。まるでノックを受けているかのよう。
そして、日慶歴代1の雨男になるであろう逸材。

平工 顕太郎(オープン)

早起きして頑張って漕いでるヒラク
見るとやる気感じる!
脱臼治るといいな!

古谷 薫(ふるやさん)

普段はおとなしく、しっかりものの彼女
しかし夜になるとテンションが急上昇!
自分から墓穴をほりまくる
しかし、次の日には何を言ったか自分ですら覚えていない
さらに、つっこみをさせたら天下一品!
少しでもボケたら誰であろうと容赦なく
刹那につっこまれてしまう!
しかし、自分がつっこまれるとかなり混乱する
ボケとつっこみが両方できる人物である。

前田 喜子(ヨッチャン)

みたけ色に染まらず、いつもおしとやかで
オシャレな女の子。
しかし、かわいい顔して下ネタtalkあり。
ピアノと走りが得意な彼女、
今日も水上を駆け抜けて!

森川 里美(モリモリ)

一見おとなしそうに見えて実は活動家。
いったん口を開ければ初めの印象とは違い、
元気な彼女が見られるはず。
その上しっかりしているのでお母さん的存在に見えることもしばしばあったりする。

山崎 麻子(アサチン)

日慶人、一人できあがりーっ!
イイ感じに日慶に染まってくれました。
というか日慶のニオイに知らないうちに引き寄せられていたのだろうか。
けっこう芸持ってます。
もっともっと日慶の胞子吸っちゃって♪
今度は何を見せてくれるんだろう・・・。
彼女の試合中のまなざしはまさにハンター。
ギラつかせたその瞳はゴールの向こうの何かを狙っている・・・。




文:近藤
   トミー
     マーシー
  梶浦

      ヅメニョロン
    ミッチー

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO